テーマ:日記

ふるさとラン練習会♪

 全国花火競技大会(大曲の花火)に毎年協賛しているスーパーの タカヤナギと納豆製造販売のヤマダフーズは、新型コロナウイルス の影響で今年の大会開催が見送りとなったことを受け、本社や店舗 を置く7市町で花火を打ち上げるそうです。1日の由利本荘市を皮 切りに10月まで行う計画で、両社は「多くの人たちに花火を見て 元気になってもらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクラに生卵でごはん♪

 潟上市飯田川でみそ・しょうゆ、日本酒を製造する小玉醸造が施設 の一部を改装し、県の「あきた発酵ツーリズム拠点施設」として8月 から、インスタントみそ汁の素になる「みそ玉作り」の体験メニュー も新たに取り入れ営業するそうです。小玉醸造は1879(明治12) 年創業。清酒「太平山」や、「ヤマキウ」ブランドのみそ・しょうゆ で知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんさくの花 純米吟醸原酒 愛亀ラベル

東京都の小池百合子知事は今日臨時の記者会見を開き、新型コロナ ウイルスの感染状況悪化を踏まえ、酒類を提供する都内の飲食店や カラオケ店を対象に営業時間を午前5時から午後10時に短縮する よう要請したそうです。都内では今日、過去最多となる367人の 感染者が新たに報告され、今後の感染状況次第では「都独自の緊急 事態宣言を出すこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防災マップで避難場所の確認!

 21日に死去した山本寛斎さんは生前、当町の西馬音内盆踊りに 関心を寄せて、衣装や踊りの優美さを称賛してくれました。祭りの 公式ガイドブックに寄稿した際には、「静かなる美」「心の奥底に 秘めた艶やかな情熱」と魅力を表現しています。西馬音内盆踊りの 写真に心を引かれたのをきっかけに、町を訪れて見物。その美しさ に魅了され翌年も西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西馬音内川のクリーンアップ!

 4連休の秋田県内は、観光名所や宿泊施設が多くの人でにぎわって いるそうです。全国的に新型コロナウイルスの感染が相次いでいるこ とから、身近な県内旅行を楽しんでいる人の姿が目立つそうです。県 のプレミアム宿泊券や自治体独自の宿泊補助も誘客につながっていて 小安大湯温泉協会によると、温泉旅館を含め地域の宿泊施設は、県の プレミア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空中作戦のカボチャを収穫!

 新型コロナウイルスの影響で夏祭りの中止が相次いでいることを 受け、県内の民放3局とNHK秋田放送局が、中止になった四つの 夏祭りを取材した特集をそれぞれ制作し8月11~14日の4日間 各局の夕方のニュース番組で同じ特集を一斉に放送するそうです! 特集のタイトルは「キャスターが見た“祭りのない夏”」。秋田放送 は竿燈まつり、秋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生たちの成長ぶりを観戦!

 横手市産ホップを使い県内四つの地ビール醸造所が醸したオリジ ナルビールのお披露目会が17日、横手市大雄のホップ畑で開かれ 関係者がそれぞれの出来栄えをPRしたそうです。多くの人が家庭 でも楽しめるように330mlの瓶入りにして、県内のスーパーや 飲食店で販売を始めたそうです。4醸造所は、あくら(秋田市)、 羽後麦酒(羽後町)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の盆飲み比べセット!

 県教育庁は、新型コロナウイルスの影響により、県内25市町村 のうち7割に当たる18市町村が2020年度の成人式の延期を決 め、1市は中止を決定。残る6市町は予定通り開催する方針だそう です。延期や中止を決めた19市町村の内、能代市や大館市、三種 町など10市町村は夏に予定していた成人式を冬にずらして開くそ うで、当町も冬の開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美酒の設計(火入れ)予約受付開始!

 田沢湖の水沢温泉郷にある温泉旅館「青荷山荘」が、1979年 の開業以来初めての大規模改修を終え、今日リニューアルオープン したそうです。客室を改装し、源泉掛け流し方式の貸し切り風呂を 整備。宿泊客以外も立ち寄れる居酒屋を開き、水沢温泉郷の拠点施 設を目指すそうです。新型コロナウイルスの影響で、当初見込んだ 外国人客は激減して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷地中の田んぼの草刈り!

 大仙市の食品企画製造販売会社「よしかタンポポプランニング」が 本県や青森県などの特産品を使った4種類の発泡酒を開発し、道の駅 たかのすなどで販売しているそうです。発泡酒は北秋田市産シシトウ を使用した「ししとうらがぁ」、上小阿仁村産の木の実を使った「コ ハゼ」、湯沢市産ヤマブドウを使用した「山葡萄麦酒」、青森県平川 市産マル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天の戸 純米大吟醸 夏田冬蔵酒こまち

 男鹿市船川港船川の市複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)で 開業2周年を記念した「道の駅おが創業祭さんさんまつり」が行われ 地元で水揚げされた新鮮な魚介類が並び、多くの人でにぎわったそう です。直売所では市内の漁業者らが出品したカレイやマダイ、サザエ ベニズワイガニなどが販売され、旬を迎えている若美メロンも人気を 集め、当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の戸 純米大吟醸35

 秋田県内を拠点にしているスポーツのトップチームの関係者が県庁 で会見し、新型コロナウイルスの影響で全国高校総体や全県高校総体 が中止となった高校生運動部員との交流イベント「AKITAドリー ムマッチ」を8月に秋田市内で行うそうです。イベントではプロや社 会人選手が高校生を元気づけ、競技の魅力を伝えるそうです。(^_^)/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溝きり作業も2日連チャン!

 2019年度に秋田県に登録して県外から秋田市へ移住したのは 116世帯274人で、統計を取り始めた10年度以降、5年連続 で最多を更新したそうです。18年度と比べて22世帯58人増加 し、子育て世帯が半数以上を占めたそうです。市は「移住者向けの 支援策が徐々に認知され、成果が出てきたのではないか」とみてい て、人口減少対策を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田んぼの中の溝切り作業!

 秋田活版印刷と男鹿市の真山神社は、新型コロナウイルス収束と 観光活性化の願いを込めたオリジナルのお札10万枚を県観光連盟 に寄贈したそうです。お札は県内各地の観光協会や業界団体を通じ て宿泊施設などに配り、観光客やビジネス客に手渡してもらう予定 で、お札は片面に疫病をはらうとされる妖怪「アマビエ」、もう片 面にナマハゲが描か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑はもうすぐ最盛期♪

 大館市のドジョウ養殖販売業者が、通年で出荷できる体制を整え ようと、養殖水の温度を一定以上に保つ太陽光発電を導入したそう です。冬場の出荷が可能になることで年間出荷量は倍増する見込み 県内にドジョウを通年出荷している養殖業者はこれまでなく、経営 の安定化につながると期待されているそうです。アクアファーム本 宮代表の杉沢さんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福小町 純米吟醸 バタフライエフェクト

 本県の横手・由利本荘と岩手県の北上の3市が会場となる第60回 奥羽横断駅伝競走大会の実行委員会が横手市役所で開かれ、新型コロ ナウイルス感染防止の対策を徹底して10月23~25日に同大会を 開くこと決めたそうです。3市の職員でつくる事務局が「国、秋田県 と岩手県、3市が定める感染防止対策、日本スポーツ協会のガイドラ インや日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天寿 純米吟醸 鳥海山 吟味良香生酒

 今月1日からの家庭系ごみ処理有料化に合わせて男鹿市が作製した 新しいごみ袋が、インターネット上で「かわいい」と話題になってい るそうです。ごみ袋にはナマハゲのイラストが描かれており、デザイ ンした大谷さん(26)が自身のツイッターに投稿したところ多くの 反響が寄せられたそうです。市はごみ減量とリサイクル促進を目指し て有料化…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

活躍した鴨君たちの引き上げ作業!

 湯沢雄勝地域の食品製造業者や畜産業者など27業者が参加して 特産品をセットにした「ゆざわおがちハッピーBOX」が発売され たそうです。県が新型コロナウイルス感染症に伴う経済対策の一環 として地域振興局単位で進めている取り組みの一つで、「おつまみ」 や「ご飯のお供」「一汁一菜」など、テーマ別にまとめた10のコ ースから選ぶこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんさくの花 純米吟醸一度火入れ原酒 MK-Y

 本県で「アジサイ寺」として知られる男鹿市北浦の雲昌寺で、境内 の青いアジサイ約1500株が見頃を迎え、訪れた人たちが鮮やかな 景色を楽しんでいるそうです。今年の観覧期間は今月13日に始まり 好天に恵まれた24日は、見晴らし台から見えるアジサイと日本海、 空が織りなす絶景が広がったそうで、25日は朝方の雨でアジサイの 色が鮮や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今季初めてのタケノコ採りに!

 由利本荘市は新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、小規模 事業者への支援金や市内宿泊時の助成金支給などを盛り込んだ総額 3億8204万円の独自対策を実施するそうです。事業者への支援 金は第3弾で、対象外となっていた商工業者らに20万円の給付。 宿泊時の助成は、市内のホテルや旅館を利用した人が対象で、料金 の支払時に3千円の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

覚えることは山積!

 男鹿市内の4小中学校で19日、市内の漁業会社「台島大謀」が 水揚げしたマダイを無償で提供し、男鹿海洋高校の生徒が加工に協 力した、地元産の旬のマダイを使った鯛めしなどの給食を児童生徒 が味わったそうです。男鹿沖は日本海最北のマダイの産卵場とされ 5~6月が漁の最盛期で、地元で水揚げされる魚を子どもたちに食 べてもらおうと台島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑の脇役、シソとミョウガ!

 7月1日から全国の小売店でレジ袋有料化が義務付けられるのに 合わせ、湯沢市岩崎のみそしょうゆ醸造元「石孫本店」がオリジナ ルエコバッグを作成し社内の物販コーナーで販売しているそうです。 同社では、蔵人たちが分銅仁の模様を染め抜いた前掛けをしており これをアレンジした特製バッグを販売してきましたが、レジ袋の有 料化に合わせてよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の雨で野菜たちも元気に♪

 仙北市角館―北秋田市鷹巣間で開かれる「北緯40度秋田内陸リ ゾートカップ100キロチャレンジマラソン」の実行委員会は昨日 新型コロナウイルス感染症の影響により9月27日に予定していた 第30回記念大会を開かず、来年9月26日に延期すると決めたそ うです。北秋田、仙北両市と上小阿仁村の住民らでつくる実行委が 1989年に初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚痴がこぼれます...。

 県は、新型コロナウイルス感染症に伴う経済対策として発行する プレミアム宿泊券について、昨日までに第1弾として販売する30 万枚の8割超に当たる、約25万8800枚の応募があったと発表 したそうです。佐竹知事は昨日の記者会見でプレミアム宿泊券に言 及し、県内のさまざまな地域や施設で利用されるように「市町村や 観光団体が良い意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小規模店コロナ応援クーポン

 新型コロナウイルスの影響で結婚式を挙げられなくなったカッ プルのために、秋田市外旭川の花屋「グリーンピース」でブライ ダルフォトの無料撮影サービスが行っているそうです。同市中通 の写真スタジオ「ドリームフォト」と共同で5月中旬に始めたも ので、感染防止のため今年1~8月の式を中止・延期した県内の カップルが対象、カラフルなド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二万石橋、5日17時に開通です!

 県は今日から、新型コロナウイルス感染症を受けた経済対策とし て、プレミアム宿泊券の購入申し込みの受け付けを始めたそうです。 発行枚数40万枚のうち、第1弾として30万枚を販売。県内在住 者が対象で、応募者が多い場合は抽選となるそうです。宿泊券は5 千円分を2500円で販売し1人5枚まで。県観光振興課は「新型 コロナの影響で経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑通いも日課になっています♪

 新型コロナウイルスの収束を願い、全国163の花火業者が昨夜 47都道府県で一斉に花火を打ち上げたそうです。かつて花火が疫 病をはらう意味で打ち上げられていたことにちなみ、全国の若手花 火師らが企画したもので、大仙市では5社が参加し響屋大曲煙火は 青い光で医療従事者への感謝の思いを表す「ブルーライトアップ」 にちなんだ青色の花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日は家族総出でネット張り!

 秋田県は今日から、県境をまたぐ移動の自粛要請を段階的に緩和 するそうです。新型コロナウイルスの感染が比較的抑えられている 41府県については、出張や帰省での行き来を容認。観光は18日 まで県内のみとするよう求め、感染状況を見ながら徐々に認める方 針だそうです。最後まで緊急事態宣言の対象となった5都道県への 不要不急の移動は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスパラの味噌汁♪

 低迷する秋田県産花卉の需要喚起を図るため、県は今年1~5月 に婚姻届を提出した県内在住の夫婦にフラワーアレンジメントを贈 るキャンペーンを実施するそうです。キャンペーンは新型コロナウ イルスの経済対策の一環、県内の花卉生産者や生花店などでつくる 「秋田花の国づくり推進協議会」がトルコギキョウやダリア、バラ カーネーションなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植え直し作業2日目です!

 新型コロナウイルスの影響で、日本一の生産量を誇る三種町の高 級食材ジュンサイの販売が苦戦を強いられているそうです。大口の 出荷先である首都圏の市場や飲食店、ホテルからの引き合いが低迷 していることが要因。春先の低温が響き、今年は収量も平年と比べ て大幅に少ないそうで、ジュンサイ農家は販売不振と減収の二重苦 に見舞われ、関係者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more