テーマ:福小町

福小町 純米吟醸 ひやおろし

 鹿角市特産の「北限の桃」の生産農家が県庁を訪れ、佐竹知事に 主力品種「川中島白桃」と「あかつき」の出荷開始を報告したそう です。北限の桃は鹿角地域の農家150戸が60㌶で栽培、収穫期 が県外の産地より遅く、品薄となる時期に出荷できるため、市場評 価が高いそうです。北限の桃生産部会長は「コロナ禍や長雨で生産 や販売を心配してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福小町 純米吟醸 バタフライエフェクト

 本県の横手・由利本荘と岩手県の北上の3市が会場となる第60回 奥羽横断駅伝競走大会の実行委員会が横手市役所で開かれ、新型コロ ナウイルス感染防止の対策を徹底して10月23~25日に同大会を 開くこと決めたそうです。3市の職員でつくる事務局が「国、秋田県 と岩手県、3市が定める感染防止対策、日本スポーツ協会のガイドラ インや日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福小町 特別純米 蔵付酵母 限定生酒

 2022年度に市場デビューする秋田県オリジナル新品種米「秋 系821」について、県やJA秋田中央会などでつくる秋田米新品 種ブランド化戦略本部は、県央、県南の15市町村の133地域を 「作付推奨地域」に設定したそうです。高品質なコメを安定供給す るため、生産団体登録制度と品質・出荷基準も設けた。「秋系82 1」の名称の公募は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角右衛門 純米吟醸 五百万石 生原酒

 当町新町の橘秀明さん(61)が、ガラス瓶の中にコケとフィギ ュアなどを組み合わせて情景を表現するインテリア「苔(こけ)テ ラリウム」を作り、羽後町の道の駅うご「端縫いの郷」で売り出し ていて、手のひらサイズの瓶の中に農村風景を表現させ、見る人を 和ませているそうです。高齢の夫妻が農作業の合間に休憩をしたり 祖父と孫が仲良く釣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福小町 純米吟醸 山田錦別誂

 秋田県は昨日、2022年度に市場デビューする県オリジナル新 品種米「秋系821」の名称を4月7日~5月17日に全国公募す ると発表しました。最優秀賞の賞金は100万円に設定され、コメ の名称公募の賞金では全国最高額となり、ブランドの要となる名称 を広く募り、新品種米への関心を高める狙いもあるようです。秋系 821は、県が14…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

福小町 純米吟醸 五百万石別誂

 文部科学省からの要請を踏まえ県教育庁は、県立学校と市町村教 育委員会、私立学校に対し、全ての小中学校、高校、特別支援学校 を3月2日から春休みまで臨時休校とするよう要請したそうです。 卒業式については「万全の感染防止対策を実施の上、参加者を卒業 生、学校関係職員と式典に関わる少数の在校生とする」ことを求め たそうで、卒業生を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福小町 特別純米 亀の尾仕込み

 県内で活動した地域おこし協力隊のOB・OGによるネットワ ーク組織が、24日に設立されるそうです。本県は退任後の定住 率の低さが課題になっており、県の担当者は「経験やノウハウを 共有し、隊員の定住促進につながることを期待したい」としてい て、現役隊員からの相談も受け付け、垣根を越えた関係づくりに 取り組んでいくそうです。(^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福小町 純米吟醸 無圧汲み出し

 焼き肉店・秋田牛玄亭などを展開する「日野」とつくだ煮製造業 「千田佐市商店」は、県産黒毛和牛・秋田牛を使った「秋田牛しぐ れ煮」を共同開発し、東京の「秋田物産展」で販売するほか、全国 の百貨店や土産店で売り出すそうです。しぐれ煮は、秋田牛のすね や肩などの肉に横手市産のリンゴ、しょうゆ、砂糖、ショウガなど を加えてリンゴの甘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福小町 酒こまち仕込み 大吟醸

 湯沢市のアマチュア写真家で一昨年に78歳で亡くなった照井作 太郎さんの作品約120枚が、JR湯沢駅の東西自由通路ゆうゆう ロードに展示されているそうです。昭和30年代の同市山田地区を 撮影したモノクロ写真を中心に、懐かしい風景が駅利用者らを引き 付けているそうです。照井さんは、地元の会社に入った19歳の時 炭焼きにいそしむ両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more