今日は“へえ抜き作業”でした!

 踏むと「キュッキュッ」と音が鳴る「鳴き砂」を復活させよ うと、仙北市の田沢湖畔の白浜でクリーンアップ作業が行われ 地元の生保内小学校・中学校や大曲支援学校せんぼく校高等部 の児童生徒、市民団体メンバーら約150人が、ごみを拾い集 めたそうです。白浜は国内の湖沼で唯一、鳴き砂だったとされ ていて、クリーンアップは市民有志でつく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川原田神社の當前となりました!

 「まるごと秋田物産展」が今日、東京・麻布十番のパティオ 広場で開かれ、秋田ゆかりの人たちでインターネット上でつな がり合うフェイスブック秋田県人会のメンバーたちが、秋田の グルメや地酒のおいしさをPRしたそうです。会員らが屋台6 店を設置し、三種町産メロンや横手市産スイカをはじめ、能代 市産の白神ねぎを使ったたこ焼きや秋田牛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これから“かがり火天国”

「横手夏フェア」が今日・明日の2日間、都内の百貨店5 店で始まり、横手市産スイカの主力品種「あきた夏丸シリ ーズ」など同市の青果物が販売されるそうです。新宿区の 小田急百貨店新宿店の青果店には、高橋横手市長と鷹田直 JA秋田ふるさと専務らが駆け付け、買い物客に試食を勧 めたりしながらPRしたそうです。(^_^)/ (…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

美酒の設計30BY火入れ予約開始です!

 県内事業者が製造する優れた特産品を選ぶ「あきた食のチャ ンピオンシップ2019」の表彰式が11日、秋田市御所野の 秋田テルサで開かれ、最優秀賞の金賞に食品部門は木村屋商店 の「いぶりがっこチーズキッシュ」が、工芸部門は司アートの 「秋田杉ランプシェード」がそれぞれ選ばれたそうです。本県 の魅力を生かした新しい特産品を見いだそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の収穫野菜です!

 耳までやわらかい食感が特徴の高価格帯の食パンが全国的な ブームとなる中、県内でも扱う店が増え行列ができたり、完売 が続いたりと盛り上がりを見せているそうです。しっとり柔ら かな食感から付けられたのが「生食パン」というネーミングで 「高級『生』食パン」の商標を登録し、ブームの火付け役とな った食パン専門店「乃が美」も本県への出…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新しいポスレジが届きました!

 北秋田、仙北両市を結ぶ秋田内陸線の沿線5カ所では、観賞 用稲でデザインした「田んぼアート」が見頃を迎えているそう です。黄色や白、紫に色付いた稲が秋田犬やマスコットキャラ クターの絵となって浮かび上がり、乗客を楽しませています。 田んぼアートは内陸線の利用者増につなげようと、地域振興局 などが地域住民や地元児童が協力して毎年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

溝切り作業2日目です!

 湯沢市の「佐藤礼法きもの教室」は、同市と交流都市である ドイツ・ジークブルク市で先月中旬に開かれた地元独日協会の 25周年イベントに参加し、約1時間の着付けショーを披露し て人気を集めたそうです。湯沢市は1991年から、ジークブ ルク市は94年から互いに中学生の派遣を行い交流を深めてき ており、茶道や剣道など日本文化の継承に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

福小町 純米吟醸 バタフライフェクト

 横手市十文字町の恒例行事「さくらんぼタネ飛ばし大会」が 昨日、十文字陸上競技場で開かれ、県内外から80人が参加し て口に含んだサクランボの種をどれだけ遠くへ飛ばせるかを競 ったそうです。一般の部では、宮城県塩釜市の会社員が13㍍ 90㌢で優勝し、サクランボ1㌔が贈られたそうです。(^_^)/ (今朝も日の出とともに始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロッコリーが初収穫です♪

 男子マラソンで1992年バルセロナ、96年アトランタ両 五輪に出場した谷口浩美さん(59)によるランニング教室が 5日、美郷町六郷の美郷中学校体育館で開かれ、生徒や町民が 速く走るための姿勢の取り方等を学んだそうです。谷口さんは ランニング教室に先立ち講演し、自分が将来目指す夢と、夢の 実現のために何をすべきか意識することが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

田んぼ周りの溝切り作業!

 由利本荘市石脇にある齋彌酒造店が所有する古民家をリノベ ーションしたカフェ・ショップ「発酵小路・田屋」が、今日オ ープンするそうです。国と県の補助金を活用して整備した施設 で、県は「あきた発酵ツーリズム」を発信する拠点施設と位置 付けているそうです。ショップスペースには地元・石脇地区で 製造されている醬油や味噌、本荘うどん、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

友人たちから嬉しい贈り物♪

北秋田市の秋田北鷹高校の3年生3人が、食をテーマに市中心 部の20店舗を紹介する「たかのすまち歩きマップ」を作成した そうです。市教育委員会が昨年度、まちづくりに取り組む高校 生を募って発足させたグループ「JDK」の活動の一環で、生 徒たちは「同年代の人だけでなく、お年寄りなど幅広い世代に 楽しんでもらえる内容になった。ぜひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に陸上練習のお手伝い!

男鹿市船川港船川の市複合観光施設「オガーレ」では6・7の両日 開業1周年を記念した「道の駅おが創業祭33(さんさん)まつり」 を開き、男鹿産ベニズワイガニの詰め放題など多彩なイベントを行 うそうです。オガーレは昨年7月1日、県内33カ所目の道の駅とし て開業し、なまはげの太鼓演奏、航空自衛隊加茂分屯基地第33警 戒隊が開発した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨君たちを引き上げた後は!

大館市は、中国・北京市出身の馬鳴(ばめい)さん(43)と盛岡市 出身の藤川琴里さん(21)の2人を地域おこし協力隊に委嘱したそう です。8月末で任期を終える2隊員の後任として、秋田犬を飼育しな がら市の観光情報を発信してもらうそうで、2人は市役所で福原市長 から委嘱状を受け取り、「大館市の力になりたい」と抱負を語ったそ う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天の戸「令和元年 金賞受賞酒」

 「第6回世界じゅんさい摘み採り選手権大会」が昨日、三種 町志戸橋の阿部農園で開かれ、米国出身の外国語指導助手 ら外国人7人や首都圏在住者を含む74人が出場し、1時間で ジュンサイの収穫量を競い熱戦を繰り広げたそうです。町や 生産者で作るじゅんさいの里活性化協議会が、生産量日本一 を誇る特産品をPRしようと毎年開催しているそう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

谷地中地区の保全活動!

 由利本荘・にかほ両市の高校生と大学生が、株式会社の 起業体験プログラムに取り組んでいるそうです。飲食物など の商品を開発し、8月のイベントに模擬店を出して販売する 計画で、15日には由利本荘市のボートプラザアクアパルで 起業に当たって出資する投資家役のボランティア8人に対し 事業内容のプレゼンテーションを行ったそうです。同プ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鴨君たちもう少しです!

 大仙市大曲地域の伝統行事である「鹿島流し」が昨日行わ れ、大曲小学校の児童たちが鹿島舟3隻を近くの丸子川に流 したそうです。鹿島流しは、五穀豊穣や無病息災を願い、わら で作った武者人形「鹿島人形」を舟に乗せて川へ流す行事で 同校では1964年から毎年参加しており、今年は全校児童735 人で人形168体や舟を分担して制作したそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ランナーがやっているお店?

 世界遺産である白神山地から採取され製パンなどに使わ れている「白神こだま酵母」が、当町で長年の課題だった家 畜のふん尿から出る臭い対策に一役買っているそうです! 町では7年前から様々な消臭実験を行ってきましたが、今年 4月から酵母を使った消臭剤をふん尿に混ぜ始めたところ、 臭いが大幅に改善されたもので、効果が持続するようであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は「ふるさと体験交流会」

 美郷町の第三セクター「あきた美郷づくり」は、町の地下水 と町産あきたこまちを使った地ビール「美郷麦酒」を開発して 今日から発売するそうです。すっきりとした飲み心地とリンゴ のようなフルーティーな味わいが特徴で、同社では「ラベンダ ーまつりや町内の夏祭りに足を運びながら、美郷の地ビール を味わってほしい」とPRしているそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの七曲り峠アタック!

 大仙市の大曲農業高校の2年生11人が、秋田杉の突然変 異種アオヤジロの苗木1本を、同市内小友の県立農業科学 館に植樹したそうです。アオヤジロは夏場に葉の先端が黄色 に変化するのが特徴で、江戸後期の紀行家・菅江真澄の紀 行文に登場し、良質な木材として知られているそうです。苗木 は同市の佐藤隆造さん(83)が約2年前に真澄の歴史…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

谷地中地区の草刈り作業

 湯沢市の女性グループ「ゆざわ女子“OMIYAGEラボ”プロ ジェクト」は、シャクヤクの花びらや旬の地元産果物を使った 「恋待ち団子」を開発したそうです。OMIYAGEラボは2年前か ら、同市雄勝地区に生誕伝説が残る小野小町にちなみ、小町 が愛したとされるシャクヤクを生かしたお土産開発を進めてき ており、恋待ち団子は2本セット…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more