田んぼの中の溝切り作業!

 秋田活版印刷と男鹿市の真山神社は、新型コロナウイルス収束と
観光活性化の願いを込めたオリジナルのお札10万枚を県観光連盟
に寄贈したそうです。お札は県内各地の観光協会や業界団体を通じ
て宿泊施設などに配り、観光客やビジネス客に手渡してもらう予定
で、お札は片面に疫病をはらうとされる妖怪「アマビエ」、もう片
面にナマハゲが描かれているそうです。(^_^)/

だだちゃ豆2.7.9.jpg
(だだちゃ豆雑草に負けず!)

今日東京では新たに220人以上のコロナ感染者でて
秋田県の佐竹知事は首都圏との往来は慎重にと発言していましたが
首都圏からのお盆の帰省は心配な状況となっていて...
我が家の子供たちの帰省も見送りですかね。(^^;)

先日裏の空き地の草むしりをしたばかりですが
この時期は雨が降って雑草の勢いがすごく
それでもだだちゃ豆は元気に育っているようです。(^o^)/

溝切り作業2.7.9.1.JPG
(田んぼの中の溝切り作業)
溝切り作業2.7.9.2.JPG
(きれいに溝が切れています!)
溝切り作業2.7.9.3.JPG
(義妹は草刈り頑張ってます!)
溝切り作業2.7.9.4.jpg
(どろんこ遊びの後のようです...)

今日は農産物の中でも一番キツイ?田んぼの溝きり作業!
今は乗用でハンドルを切れるタイプもあるようですが
道具を大事にする義父は30年以上前の機械なので
体力が有り余っている?私にはピッタリです。(笑)

ちょうど今の時期土用干しと言って田んぼを干す作業をしますが
生育途中の苗は分蘖(ぶんげつ)して株が増え
米とならない無駄な茎を増やさないよう根に刺激を与えるため
その前に行うのがこの溝切り作業です。

また秋に刈り取り時にぬかるんで作業効率が悪かったり
泥を巻き上げ機械や籾に悪影響を与えたりするので
深いしっかりとした溝を切る事で水管理が非常に楽になります。

今日は1枚の田んぼ4往復で800mのきつめのインターバル7本
どろんこ遊びの後のようになりましたがいい刺激となり(笑)
安心・安全で美味しい米作りには労力を惜しみません。(^_^)/

鴨米を食べてみたいという方は、こちらをご参照くださいませ!
https :kitanobon.jp/okome.php

※今日も慌ただしい一日となって
ブログへの返コメ・訪問が遅れております。<(_ _)>
7月の定休日は、19日(日)となりますので
よろしくお願いいたします。